バベシア症に注意 | ノミダニ対策はフロントラインを通販で買おう!安価に確実な駆除を

ノミダニ対策はフロントラインを通販で買おう!安価に確実な駆除を

バベシア症に注意

「バベシア症に注意」のイメージフォトです。

ダニはノミと比べると比較的大きな虫で、平均して5ミリ、大きなものになると1センチ程の大きさになります。
その為、身体にダニが噛みついているのは非常に簡単に見つける事が出来ますが、もし体に噛みついているダニを見つけたときは触らずにすぐにフロントラインを使用する、もしくはペットクリニックに行って除去してもらいましょう。

ダニの中には「マダニ」と呼ばれる種類の物がいます。
このマダニの体内には「バベシア症」と呼ばれる症状を引き起こす原因となる寄生虫が宿っており、このバベシア症を発症してしまった場合、処置が遅れると命を落としてしまう事もあるのです。
バベシア症の症状は寄生虫が寄生した先の動物の血液中に存在する赤血球を破壊する、という物で、もしペットがマダニに噛まれ、体内にバベシア症の原因となる寄生虫が入り込むと、体内の赤血球がどんどん破壊されていきます。
発症直後は貧血のような症状が現れる程度ですが、そのタイミングで病院に行き、適切な処置を施すことで症状の重症化を防ぐことができますが、もし発症に気が付かずにそのままにしているとペットの体内の赤血球の数はどんどんと減少していき、発症から数週間経過した時点で突然命を落としてしまうのです。

そしてこの寄生虫というのはマダニの体を強く押すことによって口から飛び出し、ペットの体に侵入します。
その為、もしもペットの体にダニが噛みついているからと言って、そのまま指でつまんで除去を行ったり、ピンセットで体をつまんでしまったりするとペットの体内に大量の寄生虫を放出してしまう可能性があるのです。
なので、もし噛みついているのを見つけたのならペットクリニックで専用の除去器具を使用して除去してもらう、もしくはフロントラインで駆除を行うようにしましょう。